経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

打席に立った日?

ゼミで研究の進捗発表がありました。

2時間睡眠で、こりゃダメだなと半分投げやりな心境でしたが、意外と先生や先輩からいい反応がありました。

 

気分が少し晴れたからという理由もありますがとりあえず書いてみます。

 

気づけば、もうM2の夏ですか。

北海道からこっちに来て2年目の夏、とも言えるし、名ばかりの研究の2年目とも言えます。

 

M1のときはひたすら球拾いって感じでした。本を読んで、レポートをまとめて、講義に出て、試験をパスして…が続きました。

 

今もテスト勉強してるのでそんなに変わりませんが、目線は違う気がします。

どう違うかというと、これは自分の研究にどう影響するだろうかという回顧が必ずあります。

やるべきことはたくさんあって、ひとつひとつクリアしていかなければならないという状況はそんなに変わりはないのですが、そのコアとなる部分が少しずつ輪郭を見せ始めている気がします。

 

今日の進捗発表で感じたこともそんなことで、自分が研究したいことを学問の文脈で少しずつ表現できるようになってきた感覚を味わえました。

ただ、まだまだ「語る」ことができる領域ではないです。

きた球を打ち返すくらいはできるようになったというか、ヒットにはならずともやっと打席に立てたのかなと感じました。

 

そう考えると、先輩や先生のように、

いつか、オーディエンスに刺激となるようなパフォーマンスを魅せたいですね。

 

さて、目標としては、

今月、来月にかけて、もっと既存研究の理解を深めていこうと思っております。

概念は絞れてきたので、それらはどのような関係なのか、どのようなイシューなのかを丁寧に確認していきます。

 

ブログでも進捗を載せるのもいいかもしれないですね。カテゴライズとかもしやすそうだし。検討してみます。

 

ではでは。

ひで