読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営学研究者の卵の日常。

24歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

こだわりについて。

何度か同じようなことを書いたかもしれませんが、改めて「こだわり」について書きたいと思います。

 

僕は何事も形から入ります。

何となくカッコ良さそうだからやってみるという感じです。

 

高校生のときはファッション雑誌や兄の服装の真似から自分が身に付けるものについて興味を持ちました。

 

今では、僕なりのこだわり(ルール)が出来上がりました。

まず、色はブルー、ネイビー、ブラック、ホワイト、グレーしか身につけないこと。

テーマは、都会的、機能的、シンプルといった感じです。

こういったルールが自分の中で出来上がるまでに、何度も失敗しています。

つまり、「ダサい」と言われてきました。

 

なぜ、ダサいのかというと、自分にフィットしていないからです。

自分にどんな服が似合うのか、どんな服を着たいのか、どんな雰囲気になりたいのかということが分からないんですね。

 

さて、

メタファとしてファッションを挙げましたが、

言いたいことは、

何かを追究したいなら、最初は型にハメながら、何回も繰り返して、自分のものにすることが王道だということです。

そして、それが少しずつ、自信になる。

 

他の人から見れば、

今でもダサいかもしれませんが、僕なりのこだわりが一応あるので、そんなにめげません。

すなわち、それが自信です。

 

逆説的にいうと、

自信をつけたきゃ、こだわるしかないと思います。

 

自分なりのルールをつくって、それを全うする他ないです。

ルールも自分がいいなと思うまで変え続けるしかないと思います。

 

僕は、自分の研究スタイルがまだ定まっていません。

明日からも試行錯誤しながら、こだわってやっていきたいと思います。

そのうち研究のこだわりについても書けるといいな。

 

ひで