経営学研究者の卵の日常。

24歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

官僚制

バーガー=バーガー=ケルナー(1973)は、官僚制について書いています。

 

官僚制の特徴として、

限られた領域の管轄権とその領域での専門的知識を持っている権限と、

合理的な規則と手順に基づいて活動が行われる適正な手続き、

それらが具体的な個人に帰属しないという匿名性

があります。

 

また、官僚制を認知スタイルとして、

秩序整然性、活動の予測可能性、目的と手段の不可分性、公平さがあります。

 

プロテスタンティズムが近代化に伴って、日常生活に圧力をかけてきたことがウェーバーの議論でありますが、

その中で官僚機関を利用することが、人々にとっての鋼鉄の檻として機能すると考えられます。

つまり、恣意性を伴う万能ではない官僚制は、官僚制を利用する人に様々な意識を形成します。

 

一般に、カタくて非人格的なイメージがある官僚制は、実はそこから漏れ出た人間的なものを意識し、考慮するからこそ機能していると考えられるのかもしれません。

 

ひで