経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

問題解決

学部時代は、問題解決のためのメソッドを学びました。

 

問題解決に必要なのは、まず問いや問題意識を持つということです。

問いや問題意識というのは、言い換えると、許せない何かの感情を抱くということです。そして、それを解決したいと思うことです。

 

そう考えると、目先のコンフリクト(例えば、上司との衝突)を恐れるような平和主義者は絶対に問題解決はできません。

解決するには、それなりの傷を負うことの覚悟が必要です。自分だけでなく、相手もです。

 

それが分かっていない人が多すぎるのが、僕が問題だと思っていることです。

 

波風立てずに、環境を変えられるかよ。

そんなに人間も組織も簡単ではない。

それでも変えたいと思うから、衝突するんです。

 

ひで