経営学研究者の卵の日常。

26歳、経営学の大学院生。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録。神戸在住で北海道に住んでいました。

結果か、内容か。

勝負ごとの世界では、結果と内容が求められます。

 

僕は、内容よりも結果にこだわるタイプだと自分では思っています。

結果には、自分やチームのプライドや存在価値みたいなものが絡んでくるし、僕はそういうものを過剰に意識するタイプの人間です。

 

ただ、そうではない状況や、そう考えていない人もいます。

内容が良かったから、次頑張ればいいと励ます人や、

自分の納得いくものができたのだから、満足だと考える人もいます。

 

僕も確かに周りからの評価のために勝負するわけではありません。自分の納得のためです。

 

だからこそ、僕は周りからの評価が得られないのは、やっぱり自分には何かが欠落しているのだと思ってしまいます。

「自分の好きなことをつきつめたから満足でした」と割り切れるほど、僕は達観できないし、そんな自信はありません。やっぱりそこにはヒリヒリとした悔しさが混在してしまいます。

 

では、逆に他者に評価されているときはどうなんだと考えると、

自分が納得していなければやっぱり満足はできません。嬉しいけれど、何か恐怖がある。

 

要するに、僕は「満足してしまったら終わりだ」という一種の自分への強迫観念を味わい続けたいと思っているのだと思います。

なぜなら、根本的には僕は、自分に甘いと思っているから。あるいは、人は根本的にそんなに意志が強くはないと思っているからです。

 

僕は先天的に意志の強い人はいないと思っているし、

意志の強さみたいなものをどうやって手に入れるのか試行錯誤しながら人は行動するのだと思っているからです。

 

そういう姿勢になれない人は、死んでいるも同然だと僕は思ってしまいます。自分への戒めを込めて。

 

ひで