経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録です。神戸在住で北海道に住んでいました。

言葉に踊らされる

こうやって、毎日日記を書き続けているけれど、

自分の気持ちが言葉に乗っかっている感覚があまりしないです。

 

毎日書くことはできても、自分で納得がいくようなテーマ選びと言葉の選択はできていないです。

だから、書き続けることの意味は、ほとんどないのでしょう。

 

ひで