経営学研究者の卵の日常。

26歳、経営学の大学院生。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録。神戸在住で北海道に住んでいました。

ひとつのことを極めるか、色々なことを経験するか。

研究者は基本的に、ひとつの分野に10年単位で研究をします。

それほどの時間をかけなければ、その分野のエキスパートとは言えないと言われています。

さながら、職人的であると言えます。

イチロー選手などのアスリートや、野村萬斎さんのような宿命を背負っている人は、人生のほとんどを特定の仕事に費やしています。

 

一方で、堀江貴文さんや、ユーチューバーの方など、自分のやってみたい様々なことを仕事としている人もいます。

 

どちらの生き方も、僕はいいなと思います。

 

でも、どちらか1つに決めなければならないとしたら、

僕は長期的に何かを成し遂げたいです。

僕は何かひとつのことに取り組んで、そこから何かが見えると信じて、もがいてみたいです。

長く経験した人にしか分からない領域に行きたいです。

出来ないかもしれないけれど、今はそう思っています。

 

ひで