経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

熱い男の人生

僕は、舞台には詳しくないけれど、観るのは好きなので、

一流の舞台を観たいと思っています。

 

数ある舞台の中でも、蜷川幸雄さんの演出する舞台を観ることが、

僕のやってみたいことの1つでした。

 

蜷川さんはとあるテレビ番組でこんなことを話していました。

 

人間ってあんまり幸せだと、穴を埋めるっていう冒険をしなくなる、恐怖心が自分自身にある。

たとえば、いい俳優には不幸でいて欲しい。それで、なんか欠落してるものがあるから、仕事で埋めたり、他者との熱いコミュニケーションでそういうのを埋めていく。 

 

その通りだと思います。僕もそんな人になりたいと思いました。

去年の大学院の受験のころ、メモした言葉だったので書いてみました。

 

ひで