経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

古典的モチベーション論と繋げる

古典的なモチベーション論の中で、僕が好きな理論はハーツバーグの二要因論です。

個人的に一番納得感が高いからです。

 

ハーツバーグは

人々の欲求を動機付け要因と衛生要因に分けて考えました。

 

ざっくり説明すると、

動機付け要因は、仕事そのものなどに動機付けられます。

一方で、衛生要因は仕事の環境や上司や同僚との人間関係などの要因です。

 

ポイントは、衛生要因は不満要因であり、衛生要因を改善しても仕事の満足にはならないということです。

マイナスを減らして不満をゼロにしようとしても、

決してプラスにはならないイメージです。

 

僕は、仕事そのものと向き合わないかぎり、

自分の欲求を満たせないと思います。

 

仕事において人間関係で悩むのは分かるけれど、

それに自分の有限な労力を奪われるのはもったいないと思います。

 

仕事における本質は何なのかを考え続けないといけないなと思います。

まずは、自分が一番大切だと思うことは何なのかを考えるべきですね。

 

ひで