経営学研究者の卵の日常。

24歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

学校へ行く意味とは

つまらない仕事というか、

意味のある仕事ってどれだけ残るかって話を学校からの帰り道同期としました。

 

主に教育の話をしましたが、

義務教育的な画一的な教育はもっと変化させてもいいと思います。

 

わざわざ学校に行って先生のつまらない話を聞くスタイルは

もう効率的ではないと思います。

もちろん、生徒が勉強を主体的にするという前提の話ですが。

 

そうなると、教師の存在意義が問われるところ。

目的を学力向上にすると、

面白さと効率において、塾には勝てないと思います。

スマホのアプリにも勝てるかどうかって感じ。

 

となると、学校へ行く目的って、もっと違うことになるはずです。

学校行事や部活などにおける組織での問題解決の経験とか、

社交的な場としての利用になります。

 

その感覚をどれだけ、教師や親が持っているかどうか。

自分がこうだったからというロジックはもう通用しません。

学校へ行かされている子どもの方がよく考えているかもしれませんね。

 

ひで