経営学研究者の卵の日常。

24歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

考えるタイミングで考えよう

行為しながら、考えよ。

反省が重要だ。

 

学部時代にはこんなことをしきりに言われ続けました。

 

僕は今課題を最優先に取り組んでいます。

文献を読んで、設問に対してレポートを書く。

行為していて、正直、意味が見出せなくなります。

 

研究するときに役に立つんだ、そのための準備なんだ、といくら先生に言われても、

その研究をする時間が課題があるからできないし、

研究の「け」の字もわからない僕には、ピンと来ない。

 

準備というのは、往々にしてそういうものだと思う。

 

スタジアムで輝いているように見えるアスリートだって、

日の目の浴びないところでしんどい準備をしている。

そんなとき、意味を見失ったらどうすればいいのか。

 

結論。

意味なんてすぐにはわからない。

だから、とにかく、自分でひとつひとつやりきるしかない。

中途半端に意味を考えてはいけない。

何か自分の中で区切りがついたときに考えればいい。

 

もし、その区切りが自分自身が決められることならば、

そこまで走って、やりきることが大切なのではないのだろうか。

 

考えるタイミングで考えよう。道のりは長いのだから。

 

ひで