経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

巨人の肩の上に立つ

今日は、バーナードの経営者の役割を読んでいました。

 

www.amazon.co.jp

 

…難しすぎです。

講義の事前課題の必読文献なので、うまくまとめあげなければなりません。

 

まずは、ノートにまとめてから、ワードでつくっていこうと思っていましたが、

想定の3分の1しか進捗しませんでした。

キツいっすね。

 

さて、ガリレオシリーズでおなじみの東野圭吾さんの小説の中で、

物理学者の湯川学がこんなセリフを言っていました。

 

諦めるな。過去の人間が考えついたことを、若い君たちが理解できないなんてことはない。

 

まずは、すべてが先行研究だと思って、過去の偉大な研究者の思考・理論を理解したいと思います。

 

ひで