経営学研究者の卵の日常。

25歳。経営学の大学院に通う、研究者の卵です。基本的には自分の頭の中の整理と備忘録、”研究を日常に落とし込むこと”が目的の日記です。神戸在住。北海道に住んでいました。食べることと、カッコいいものが好きです。

自分のためになると確信できる環境がありますか?

今日は、初回のゼミでした。

 

僕がこれから所属しようとしているゼミでは、

自分や他のゼミ生が考えている論文の内容についてディスカッションする形式をとっています。

 

自分が書こうとしている論文については先輩や先生からアドバイスをもらえるため、とても有意義な時間です。

さらに、このゼミでは、他のゼミ生同士のアドバイスを聞くだけで、自分の思考にも役に立つんじゃないかという可能性や雰囲気がプンプンしている感じがします。先輩と先生の思考のレベルが高い高い。

 

「わたしが何を言いたいかは、言ってみないと分からない」とカール・ワイクが言ったように、これから僕はとにかく言葉にすることが求められるので早くゼミにコミットしたいです。

 

ひで